女性特有の辛い症状の治療なら池袋東口、癒しの森指圧鍼灸院へ!

東京,鍼灸,指圧,マッサージ
年中無休12~最終受付22(終了は23時)

お気軽にお問合せください03-3987-6608

HOME > コース案内 > レディース鍼灸

main_top.png

女性特有のつらい症状、薬に頼らず
根本から改善したいならレディース鍼灸コースを!

東京,池袋,婦人科疾患

生理痛・生理不順、生理前症候群(PMS)、にきび、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、妊娠中の肩こり・腰痛(つわり・逆子)、などの女性特有の悩み、皆さんはどうしていますか?
市販薬でごまかしていてもどんどん悪化し、ついに病院に駆け込むのではないでしょうか?
病院では、そうなってしまった生活習慣の改善指導は行われず、妊娠中を除き合成ホルモン(=ピル)を処方されると思います。
「ピルって血が固まったり、不妊症になったり、精神が乱れたり、副作用がありそうで心配・・・。」
そのような不安をお持ちの方は、クスリを始める前に鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?

当院のレディース鍼灸治療

当院で行う鍼灸治療は、“自律神経を調整”することにより、脳下垂体が卵胞刺激ホルモンFSH(卵巣内で卵子が正しく成熟できるようにする)と黄体化ホルモンLH(優勢な卵子の成熟と放出を急がせ、プロゲステロンの生産を促す)を正しく生産できるように当日の体調に合わせ全身調整をおこないます。
また、腎臓や肝臓の働きを高め、体内の毒素(水銀、カドミウム、砒素などの重金属、処方薬(特にピル、ワクチン)、一般薬の残留)を排泄できる身体作りをサポートします。
婦人科疾患に特効とされる、脾臓の経絡(三陰交等)を効率よく刺激し、卵巣機能を高め、子宮内膜の状態を改善していきます。
母子ともに必要な栄養が体内に取り込めるように、胃の経絡(足三里等)を用い消化吸収力を高めます。
クラミジア感染等の細菌感染がある場合、副交感神経刺激でマクロファージやリンパ球が増殖活性化して攻撃するので正常な状態に向かいます。
とくに、生理軽くする目的で使われるホルモン製剤はイースト菌やクラミジアの栄養源になり異常増殖をひき起すおそれがあります。イースト菌症候群は、一部の女性の不妊の原因になっているかもしれないと言われており対策をしておかないと、いざ子供が欲しくなったとき不妊状態になっている恐れがあります。
この場合、鍼灸治療だけでなく、天然の抗生物質といわれる「オリーブ葉エキス」の摂取をお勧めします。

補助療法として、体の芯部を温める遠赤外線療法、必要な方にはドイツの波動機械により真菌類の除去や視床下部、下垂体の調整、残存したピルの排泄促進などの周波数を使用する針に情報転写して波動療法も併用しています。

これらの自律神経調整刺激により、気の流れが整うと、肩こり、腰痛、頭痛、手足の冷え、むくみ、PMS(生理前症候群)、憂鬱な気分、にきび、花粉症などは解消していきます。

鍼灸治療の受診間隔

女性特有の症状にお悩みの患者さんの多くは多忙な生活を送られていますのでストレスにならない無理のない間隔でご来院ください。

鍼灸治療タイミング.jpg

例として、生理周期28日の方の場合、受診目安は生理出血日より3日目(D3)で卵子を育てる治療、1週間後のD10で子宮内膜を厚くしてLHサージに向けた準備をする治療、D17、D24では黄体ホルモンがプロゲステロンに変換するのを補助する治療(変換が正常だと生理痛が大幅に軽減されます)、その後妊娠が無ければD3よりくり返します。

全部受診しなくても、卵が育ちにくい方は低温期の治療を重視し、高温期の体温がギザギザで不安定という方は後半重視という方法でも良いでしょう。PMS症状が激しい場合は全部受診してくのが確実です。

レディース鍼灸コースをご希望の場合

femal.jpg

①お電話にて、「レディース鍼灸コースを受けたい」とお伝えください。 
②もし担当者が気になる場合、「女性の先生希望」または「男性の先生希望」等お伝えください。
③初回はカルテ記入、問診、診察、お着替えの時間など、およそ75分程度の時間を予定しておいてください。
④料金は7,020前払い(カード不可)です。
 ※「レディース鍼灸コース」は問診等に時間を要するため、初回割引サービスの適用はありません。
 ※2回目以降のご利用で、受診当日または前日までご予約を頂いた場合500円割引になります。(その場合の費用6,520円
 ※医療費控除に必要な領収書は「毎回=感熱紙」「月まとめ=手書き」「年まとめ=手書き」のいずれかを選ぶことができます。
 ※鍼灸の施術は、骨盤周辺や腹部のみでなく背中、脚などにも行います。ホック式のブラは着けたままでも大丈夫ですが、キャミソールやスポーツブラの場合、針が打ちにくくなりますので脱いで患者着を着用してください。

背中.png

自宅施灸のすすめ

contents_mainimg.jpgせんねんきゅうタイプの温灸は、やけどの心配が少なく心地よい刺激を得ることができます。(種類によっては水ぶくれになりますので注意してください)
また多くの方は「お灸の香は落ち着きますね」とリラックス効果もあります。
薬局で気に入った香のせんねん灸を購入されても良いですし、当院で使用している温灸(1箱200個入り/1,300円)を利用しても良いです。
毎日、婦人科に効果的なツボにセルフ治療を実施してみてください。

main_bot.png

main_top.png

治療スタッフ出勤表

電話予約の際、男性または女性の治療師どちらが良いかお伝えください。特に希望がない場合は、当院の都合により対応させていただきます。


 ●


 ●男性スタッフ担当日
 ●女性スタッフ担当日

main_bot.png

main_top.png

医療費控除

 自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。国税庁HP参照
あまり知られていないようですが、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。) は医療費控除の対象になりますので必要な方には毎回、または年間まとめて領収書を発行いたします。所得の多い方だと40%以上戻ってくるそうなので医療費が10万円を越える方はぜひご活用ください。

main_bot.png

side_top.png

side_bot.png











side_top.png

【神経系疾患】 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー 【運動器系疾患】 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ 【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防 【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾 【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血 【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊 【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎 【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい 【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善  (日本鍼灸師会HPより抜粋)赤文字は鍼灸保険適用疾患

side_bot.png

kannjyag.jpg
治療箇所だけ開く着替
omparus.jpg
低周波治療器
reddosan.jpg
遠赤外線治療器